〜格安航空券はもう買わない!〜驚きの無料航空券入手法




-
dog-
このフラッシュは自由にあなたのサイトに貼り付けることが可能です。
これをあなたのサイトに貼り付けたければ以下の枠内のコードをあなたのブログやホームページに貼り付けてください。

右クリックで全て選択をして頂いて再度右クリックでコピーしてあなたのブログやホームページに貼り付けてください。








スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
Entry: main  << >>
男性の育児休業取得を推進
・性別を問わずに取得できる
・期間は子どもが一歳になるまで(場合によっては半年間延長可能)
・一人の子どもに一回まで
・公務員の場合は子どもが3歳になるまでの間の期間
上記は、日本の育児休業について述べています!

1.56%という数字が何だかわかりますか!
2008年に厚生労働省から発表された、日本で育児休業を取得している男性社員の割合(女性は89.7%)です!
前回のデータ(2005年度、0.5%)からみれば3倍にはなっていますが、「子ども子育て応援プラン」の2014年までに男性10%(女性は80%)という目標を達成するには、もう少し取得を後押しする政策が必要と言えます!

先ほどの厚生労働省のアンケートによると、育児休業を取りたいと思っている男性自体は、31.8%に上ります!
・ほとんどの男性社員が利用していない
・仕事が大変で休むわけにはいかない
・給与が減ってしまう
・夫婦一緒に育児休業を取得することができないことなどが、実際の取得を邪魔しているようです!

日本では、育児休業の給付は休業開始時の30%の金額ですが、コペンハーゲンなどは、全額支給という形で子育てを応援しています!
また、男性の育児休業取得を推進していて、様々な政策の結果、2005年度のコペンハーゲン市男性職員の育児休業取得率は55%に上りました!
政策次第では、この数字は夢ではないはず!
日本も、せめて取得したいと思った男性だけでも気軽に育児休業を取得できるようになって欲しいです・・・!







JUGEMテーマ:家庭
 
| 主婦の副業 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:08 | - | - | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

リンク

花 送料無料 お取り寄せ 送料無料

  • seo


Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode